バンクとは

あなたの「歯」を、未来の自分を守るために保管しませんか?

歯の新しい“使い道”とは?

生えかわりで乳歯が抜けそうなとき、歯列矯正で歯を抜くことになったとき、親知らずの抜歯を勧められたとき・・・

あなたは、その歯をどうしますか?

乳歯であれば、屋根の上に投げたり、土に埋めて「次の歯が綺麗に生えてくるように」と願ったり、保管ケースに入れて大事にしまっておいたり・・・

大人の歯であれば、「歯医者さんで抜いた後の歯がどうなるのか知らない」という方が多いと思います。なかには記念に持ち帰られる方もいるかもしれませんが、ほとんどの歯が捨てられています。

その捨てられる「歯」の新しい使い道が、歯髄幹細胞バンクです。

歯の中には一般的に「歯の神経」と呼ばれる、「歯髄(しずい)」という歯に栄養を運ぶ血管や虫歯になった時などに痛みを感じる組織があります。この歯髄の中に、神経や血管および組織を再生させるはたらきを持った「歯髄幹細胞」が含まれています。

この幹細胞を、将来の自分を守るためバンク(保管)することができます。

なぜバンクが必要なの?
バンクをしておくことの2大メリット

1.将来的に再生医療に利用できる可能性がある

幹細胞をバンクしておくことのメリットとは何でしょうか?
最も大きなメリットが、再生医療に利用できる可能性です。

「再生医療」とは、ケガや病気で損傷を受けたからだの組織に細胞(あるいは細胞から作り出される組織)を移植し、体の持っている機能を元の正常に近い状態に戻そうとする医療のことをいいます。

再生医療で利用される細胞のひとつが、「幹細胞」です。
幹細胞は、さまざまな体の細胞へと変化していく力(多分化能)と、分裂して多分化能をもつ同じ細胞を生み出すことができる力(増殖能)をもっています。
これらの力が、再生医療の分野で注目され、さまざまな研究が行われています。

日本では2014年に「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が施行されるなど、安全・確実な方法で医療に使えるよう、再生医療の実用化を推進する取組みが進んでいます。

2020年には身近な再生医療の一つとして、ひどい虫歯によって抜いてしまった“歯の神経”(歯髄)を再生させる「歯髄再生治療」が当社の研究開発によって実用化されました。

歯髄幹細胞をバンクに預けておくことにより、他の歯が将来虫歯になったとき、元気な歯(歯髄)をよみがえらせることができます。

2.若い“今”の幹細胞が保存できる

幹細胞は増殖能があるとはいえ、いつまでも増え続けるものではなく、やがて増えるスピードが遅くなり、最後には増えなくなります。この幹細胞をまだ増える能力が元気なうちにバンクしておくことにより、後から必要なときに増やすことができるようになります。

歯髄幹細胞をバンクしておくためには、液体窒素を使います。
液体窒素により庫内の温度が-150℃以下に保たれた保管容器内で、元気な状態を保ったまま凍結保管します。
再生医療などに必要になったとき、保管容器から歯髄幹細胞を取り出して解凍し、必要な量まで培養して増殖させます。
20代のときに保管した元気な細胞を50代、60代になってから使う、ということができるので、タイムカプセルのように”今”のあなたの細胞を保存しておけることが、バンクのもう一つのメリットです。

歯髄のバンクへ預ける前に・・・気になる4つの質問

1.バンクができるのは永久歯?乳歯もできる?

抜いてもかみ合わせに影響がない歯であれば、永久歯でも乳歯でもバンクをすることが可能です。
・生えかわり時期の乳歯
・歯列矯正により抜歯予定の歯
・親知らず
などが対象になります。
(親知らずが斜めに生えている・虫歯になっているなど、歯の状態によってはバンクのご利用が難しいことがあります)

乳歯の場合、前歯はとても小さく、歯の中にある歯髄の量も大変少ないため、培養に必要な組織量を採取できない可能性があります。そのため、前から3~5番目の歯をお勧めしています。
乳歯のなかに含まれる歯髄幹細胞は永久歯に比べて増殖能が高いといわれており、よりたくさんの細胞を作り出すことができると考えられています。
もちろん永久歯から取り出した歯髄幹細胞でもたくさん増えることもあり、増え方には個人差があります。

「親知らずは抜いた方が良いの?」という質問もあります。
親知らずは上下左右の一番奥にあり、前歯から数えて8番目にある歯のことをいいます。
全ての人に生えているわけではなく、4本とも全て生えている人や歯茎の中に埋まっている人、もともと生えていない(親知らずがない)人など、そのパターンは千差万別です。
健康な歯であれば無理に抜く必要はありませんが、親知らずの生え方によっては歯磨きがしづらく、虫歯になりやすいことがあります。もし、痛みを感じるなど自分の親知らずが気になったら、一度かかりつけの歯科医院で相談してみてください。

2.バンクが可能な歯の年齢制限はあるの?

年齢制限はありません。性別・年齢を問わず、どなたでもご利用頂けます。
一般的に、高齢になるにつれ歯髄の量が少なくなり、増殖のスピードが落ちる傾向があります。タイミングとしては、できるだけ早い(若い)うちの抜歯をお勧めします。
バンクしている歯髄幹細胞について、年齢による保管期限はありません。また、初回の保管期間は10年間となっていますが、更新をご希望されればその後も続けて20年、30年と歯髄幹細胞をバンクしておくことができます。

3.特別な手続きが必要?どのようにするの?

入院など特別なことは必要ありません。当社とのご契約手続き後、歯科医院にて抜歯していただくだけで、後は何もしなくて大丈夫です。
抜歯された歯は歯科医院より当社の歯髄細胞培養センターへ送られ、中から歯髄幹細胞を取り出して培養した後、凍結保管します。

4.自然に抜けた歯や冷蔵庫で保管しておいた歯でも大丈夫?

歯髄幹細胞をバンクするには、抜歯後、歯髄の中に含まれる歯髄幹細胞が生きているうちに清潔な環境下で取り出して培養する必要があります。
自然に抜けた歯や冷蔵庫で保管されていた歯の場合、歯髄にいろいろな細菌が付着してしまい、培養できなくなる可能性が高くなります。
また、抜けてから時間が経過した歯の中の歯髄幹細胞は増える力が弱くなってしまっている可能性があるため、提携歯科医院で抜歯・洗浄した後、すぐに当社へ送っていただくことをお願いしています。

現在、保管された幹細胞を、自分のためだけではなく大切な家族にも使うことができるよう、研究を進めています。
歯髄再生治療については、2024年頃を目標に二親等以内のご家族の方の歯髄幹細胞を用いて歯髄再生ができるよう、現在も研究に取り組んでいます。
1本の歯を歯髄幹細胞バンクに預けることで、自分自身の不用歯がないご家族の方にも歯髄再生治療を受けていただくことが出来るようになります。

再生医療はこれからも発展を続け、歯髄幹細胞の使い道は今後さらに増えていくことでしょう。
人生100年時代、より健康な体を維持しながら、自分らしく生きることが大切な時代です。
未来の自分への贈り物として、また未来の家族への贈り物として、“今”この機会に保存を考えてみてはいかがでしょうか。
「アエラスバイオ歯髄幹細胞バンク」では、あなたの幹細胞をお預かりして、あなたとあなたの大切な家族の未来を守ります。