アエラスバイオ歯髄幹細胞バンク

あなたの「歯」を、未来の自分を守るために保管しませんか?

歯の新しい“使い道”とは?

生え替わりで乳歯が抜けそうなとき、歯列矯正で歯を抜くことになったとき、親知らずの抜歯を勧められたとき・・・

あなたは、その歯をどうしますか?

乳歯であれば、屋根の上に投げたり、土に埋めて「次の歯が綺麗に生えてくるように」と願ったり、保管ケースに入れて大事にしまっておいたり・・・

大人の歯であれば、「歯医者さんで抜いた後の歯がどうなるのか知らない」という方が多いと思います。なかには記念に持ち帰られる方もいるかもしれませんが、ほとんどの歯が捨てられています。

その捨てられる「歯」の新しい使い道が、歯髄幹細胞バンクです。

歯の中には一般的に「歯の神経」と呼ばれる、「歯髄(しずい)」という栄養を運ぶ血管や痛みを感じる神経があります。この歯髄の中に、神経や血管および組織を再生させるはたらきを持った「歯髄幹細胞」が含まれています。

この幹細胞を、将来の自分を守るためバンク(保管)することができます。

なぜバンクが必要なの?
~バンクをしておくことの2大メリット~

1.再生医療の可能性に期待できる

幹細胞をバンクしておくことのメリットとは何でしょうか?                            

最も大きなメリットが、再生医療に使える可能性です。

幹細胞には、さまざまな体の組織へと変化していく力(分化能)と、自分自身を増やす力(増殖能)があります。これらの力が、いま、再生医療の分野で注目されています。

自分自身の幹細胞を使い、移植した際の拒絶反応を起こすことなく安全に、失われた体の組織が再生できるよう、さまざまな研究が行われています。

日本では2014年に「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が施行されるなど、安全・確実な方法で医療に使えるよう、再生医療の実用化を推進する取組みが進んでいます。

2020年には身近な再生医療の一つとして、虫歯になった歯の神経を再生させる歯髄幹細胞を使用した「歯髄再生治療」が当社の研究開発によって実用化されました。これにより、将来的に虫歯で歯を抜かなくてはならないリスクを減らすことが可能となります。

2.“今”の幹細胞が保存できる

幹細胞はいつまでも増え続けるものではなく、やがて増えるスピードが遅くなり、最後には増えなくなります。この幹細胞をまだ増える能力が元気なうちに凍結保管しておくことにより、後から必要なときに増やすことができるようになります。

20代のときに保管した元気な細胞を50代、60代になってから使う、ということができるので、”今”のあなたの細胞を保存しておけることが、バンクのもう一つのメリットです。

どのようにバンクするの?バンクができるのはどんな歯?

入院など特別なことは必要ありません。歯科医院にて抜歯していただくだけで、後は何もしなくて大丈夫です。

抜歯された歯は歯科医院より当社の歯髄細胞培養センターへ送られ、中から歯髄幹細胞を取り出して培養した後、凍結保管します。

バンクができる歯は、生え変わり期の乳歯、歯列矯正で抜く歯、抜いてもかみ合わせに影響しない親知らずなどの不用歯等が対象です。

(※歯髄幹細胞の培養は虫歯菌等の口内細菌が混入しやすく、歯の状況によってはバンクのご利用が難しいことがあります。詳しくはよくある質問の「Q.どんな歯が適していますか?」をご覧ください)

現在、保管された幹細胞を自分のためだけではなく、大切な家族にも使うことができるよう、研究が進められています。

再生医療はこれからも発展を続け、その使い道は今後さらに増えていくことでしょう。

人生100年時代、より健康な体を維持しながら、自分らしく生きることが大切な時代です。

未来の自分への贈り物として、また未来の家族への贈り物として、“今”この機会に保存を考えてみてはいかがでしょうか。

「アエラスバイオ歯髄幹細胞バンク」では、あなたの幹細胞をお預かりして、あなたとあなたの大切な家族の未来を守ります。

ご利用の流れ

①資料請求

お問合せフォームよりご連絡ください。パンフレット等をお送りさせていただきます。

②書類投函

同封の契約書にご記入いただき、当社までご返送ください。

③抜歯

金融機関にて保管料をお支払いいただき、入金確認後、当社提携歯科医院で抜歯していただきます。

④証書の発行

受け取った歯から歯髄組織を取出し、歯髄幹細胞を培養します。後日、お手元に「保管証書」が届きます。

ご利用料金

採取保管料  ・  ・  ・  300,000円 (税込 330,000円)

  • 保管期間は10年です。
    ※10年後に契約更新か解約の選択となります。
  • 抜歯費用は含みません。
    ※抜歯にかかる費用は歯科医院でお支払いください。
  • 将来の治療費は含みません。
    ※保管した幹細胞を用いた治療に関わる培養費、輸送費、治療費は別途お客様ご自身のご負担となります。
  • 保管期間満了の2ヶ月前までに、契約更新のご案内をお送りします。

更新保管料  ・  ・  ・   60,000円 (税込 66,000円)

  • 保管期間は10年です。
    ※10年後に契約更新か解約の選択

採取保管料について

採取保管料は、「採取料・培養料・保管料」の合計となります。

  • 採取料・培養料は、保管に至るまでにかかる費用(抜歯した歯の輸送費用、歯髄幹細胞の採取費用や品質検査費用など)です。
  • 保管料は、歯髄幹細胞が一定量まで培養できた後、保管するための費用です。
  • 抜歯前の血液検査費用および抜歯にかかる費用は、採取保管料には含まれておりません。